スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

記録と記憶 

『記録を残す活躍』とか
『記録より記憶に残る選手』とかいいますね。

たまに、車を運転しながら鼻歌を口ずさむと
そのフレーズが頭を離れないことがあるんです。
その場でふと流れたオリジナル・メロディ。
「これええ曲やん!」って忘れないように
何度も何度も歌ってるうちにどんどんアレンジが加わって
やがてメロディが変わっていったりします。

・・・そうして最終的には最初のメロディを忘れてる。
よくあることです。

ずいぶん前にある作曲家(失念)が言ってました。
いいと思ったメロディは譜面を書かない、と。
いつまでも覚えていたら、それは本当にいい曲だ。
いつでも記録に残せるから書かなくていい、と。

記録は忘れないために残すもの。
記憶は忘れないから残るもの。

記録も記憶も残した人って本当に凄いです。
王さん、プロ生活おつかれさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amaproduction.blog96.fc2.com/tb.php/47-be818624


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。