スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小手先の限界 

 反省も含めて、これまでよくもまあ、小手先だけで生きてきたなぁと思う。

 「できそうだから」「できるから」、「できそうなこと」を「やる」。

 何も疑問に思わずに仕事も遊びもそうしてきた。でもちょっと待てよ、それは自分でボーダーラインを引いているだけじゃないのか?

 「本当にやりたいこと」、「本当になりたい自分」に向かって行けるなら、できそうかどうかはやってみないとわからないんじゃないか?

 今の自分を顧みると、ぜんぜん本当の自分じゃない。ホンネをひた隠しにして「小手先で」生きているにすぎない。

 我、御歳35。もうすぐ36。背中を押されるように不惑はどんどん近づいていく。そろそろ惑っている場合じゃない。

 今日、このあと職場ではいろいろと腹を割って話すことになる予定。ホンネがどこまで顔を出すか、はたまたホンネを押しとおすことができるのか、小手先で誤魔化すクセが出てしまうのか。

 いつも不安が先にあると妥協してしまう自分。もちろん今日も不安。でも、思い切って一歩踏み出してみることにする。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amaproduction.blog96.fc2.com/tb.php/217-13a42117


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。