スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一人ひとりは「1未満」だ 

「1たす1は3にも4にもなる」

これ、よく仕事の人間関係で出てくるコトバだ。

たしかに、いい人間関係を築いて
一人より二人で
それ以上のことができるなんて言うし
これまでもそう思うことはたしかにあった。

でも、待てよ。

人間誰しも得意・不得意がある。
数式風に書くと、

(一人)=(得意)-(不得意)

なのではないか。

「得意分野」を極めた人も
「不得意分野」が必ずあって
それを常に克服しようとか、隠そうとか
忘れようとか気づかないふりとかしている。

ということはやっぱり「一人」っていうのは
どうがんばっても「1未満」じゃないか。


あ、これじゃ冒頭の「1たす1は…」の前提が崩れる。
じゃあ、先人の言葉はまちがいなのか?
でも人と人の「化学反応」みたいなものって
やっぱりあるけどなぁ。

たとえば、こう考えてみる。

得意「8」:不得意「2」の人がいたとする。
いわば一人前ならぬ「0.8人前」だ。
あと「0.2」を補える人がいれば
はじめて「1」の仕事になる。

そして、その「0.2」を補ってくれた相手の
不得意を補って「1」にすることができれば

自分「1」+相手「1」=「2」

の仕事ができるということになる。
元々は

「1未満」+「1未満」=「?」

だった者どうしなのに…
アラ不思議な公式!
でもこれが、あの「化学反応」ではなかろうか。


一人ひとりは「1未満」だ。
どうあがいても「1」になることはできない。
むしろ「1」になろうとか、
「自分は『1』だ」とか思うな。
できないことはできないと認めて
素直に補ってもらうことができれば、うんとラクだから。

そうして補ってくれる人をみつけたとき、
はじめて人は「一人前」になるんだと思う。
 
 
スポンサーサイト

こにゃにゃちは2009Ver.

どーもー!!
この間はありがとうございましたぁ!のチュ。

人間1人=実は3くらい?の定義かもしれませんしね。。。

3まで到達して一人前で(3パック1袋でお買い得!みたいな・・)、モチベーションやら経験やらで3のうちのどれくらい発揮すんねん、みたいな。。

ただ、まぁ、3まで到達したらアホになるっつー噂もありますが。。。(んなーこたぁない。タモタモ)

おじゃましました。

南国シフトキーが戻ってこないので交換しました野郎
[2009/06/06 11:44] 南国野郎 [ 編集 ]

タリラリラーン!

まいど!
ひゃくおくまんえん、スイス銀行に入金してくれたかね?(チガウかっ)

> 3まで到達して一人前で(3パック1袋でお買い得!みたいな・・)、モチベーションやら経験やらで3のうちのどれくらい発揮すんねん、みたいな。。

それもありますね。
人間ふだんはアイドリングで走ってるんでしょ?みたいな。
ベタ踏みしたらすごいけど、燃費を考えてマイルドな走りに徹してます。みたいな。
ちなみにお買い得で売ってる豆腐はなんか薄いです。

「ハリウッド俳優が自慰中に亡くなったと“わかった”」っていうニュース、
わかったじゃねーよ!そっとしてあげようよ!と思うアマニョでした。
[2009/06/06 15:10] アマニョ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amaproduction.blog96.fc2.com/tb.php/181-75cfcf77


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。