スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いい文章を書く練習をしてみた 

急になにを言い出すんだ?(イントロ)

これまで徒然なるままにここでいろんなことを書いてきました。
まあ、チラシのウラ、とはいいながら
ちゃんと読まれているかな、楽しいページかな
というのは気になるもので。

今回はそんな自分を奮い立たせてくれた、
あるいは叱ってくれたような記事に出会ったお話です。
初心者が簡単にプロっぽく記事の内容を仕上げるテクニック*ホームページを作る人のネタ帳
この記事を参考に今日のエントリーは書かれています。
どうぞ練習にお付き合いください。

ただいま仕事ではSEO対策中

私、ずいぶん長くインターネットに関わる仕事をしておきながら
いままでずっとSEOという技術を軽く見ておりました。
SEOといわれてもわけわかんないし
なにやら胡散臭い、というか
ズルしてる?みたいなもの、と思ってました。

ところがちょっとかじってみたら
実はすごい重要だったことがわかりまして。
私が思うSEOとは…
「検索エンジンが読みやすいページづくり」
なのだそうで。そして、
検索ロボットにとって正しく読みやすいページなら
優先的に紹介してくれる、というわけです。
「です。」と言い切っていいものかどうかは問題ですが。
(間違っていたらごめんなさい)

読者が読みやすいページづくり=「読者SEO」

で、そんな折に、上に紹介した記事を読みました。
まさに読者にとって読みやすいページ作りだ、と納得。
…ん?これってやることはSEOと同じじゃね?
ほら、
“検索ロボット向け”に“読みやすい文章”をSEOで書くこと
“読者向け”に“読みやすい文章”を構成して書くこと

やることは同じ。
本来は構成力とかいうんでしょうけど
ブログに限っていえば「読者SEO」なんだと思いました。

過去記事を読み返す。そして反省

文章はできるだけ読みやすく、を心がけてきたつもりですが
構成法が読みやすさにこれほど影響を与えるとは!
たしかに平文で長々と書いた記事なんて
自分でも読みにくいっす。
ああ、あんな読みにくい文章で
「これでよし、ヘヘン!」と
自信満々に公開ボタンを押した自分が恥ずかしい…反省。

いろんなページを見る目が変わりました

こうして頭の中に「読者SEO」を意識してみると
いろんなページの見方が変わってきました。
ふだんからよく読むサイトは
たいてい構成がうまいことを再認識してます。

そんな今の自分を例えるなら
「就職したての社員が、街中で同業他社商品を意識する」
ぐらいの感じです。
うーん、初々しい!初心忘るべからず!

以上、練習でした

練習にお付き合いいただいたあなた、ありがとう。
もしもなにかのはずみで
このエントリーがどなたかの
お役に立つようなことがあれば幸いです。

ときれいに締めくくったところで
ひきつづきコピペうんざりの作業仕事に戻ります。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amaproduction.blog96.fc2.com/tb.php/172-6bbf0991


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。