スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「何が正解かはない。選んだのが正解だ」 

阪神ファンとしても、三浦投手の横浜残留会見は腑に落ちた。
これで、これからも憎い敵。でもまた彼を少し好きになった。
阪神タイガースが忘れかけているものを
三浦投手本人は、今なお追っているような気がしたからだ。

“強い者に勝ちたい―”

その想いの強さがとても伝わった。
今のタイガースが、もしあの頃のような最弱チームなら
三浦投手も二つ返事で移籍してくれたんじゃないか。
そう考えればすごく納得できるのだ。
横浜は今、まさに暗黒時代だし・・・。

タイトルにした言葉はグッときたので引用したもの。
日刊スポーツの記事より。

移籍か残留か悩みを深めていたころ、三浦は親しい人から「何が正解かはない。選んだのが正解だ」とアドバイスされたという。


誰が言ったか知らないが、いい言葉だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amaproduction.blog96.fc2.com/tb.php/106-45994594


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。