スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「さて、誰に書く?」 

 はい、順調にサボりかたを見つけ始めたアマニョです。

 その方法とはですね、ブラウザで「ソース表示」してるウィンドウを常に表示できるようにしておく、という方法。ヤバいと思ったらパッと切り替えて難しい顔をしながらブツブツ言ってたら、なにか仕事しているように見える(らしい)。そうやって久しぶりにナイス押しまくりましたよ!
CSS編集してみたり…
▲文字ばっかりの画面って仕事してそうでしょ!

 …いつかバレるまではこれでサボり続けたいと思います。いやもちろん、ちゃんと仕事もしてますよ。

 インターネットで販売業を営む者として一番厄介なのは子供の注文。とくにオモチャのてっぽうなんか扱ってるとですね、子供が勝手に買ったといって親が怒鳴り込んでくることもあるわけです。「うちの子にこんなもの売るな!」と。これまで何度もそんなことがありましたです、はい。

 そこでサイトには注意書きが必要になるわけですな。「こどもが買ってはいけません」と。はたして、そんなもので効果はあると思いますかな?元・子供諸君よ。

 私が小学生ならそんなの無視して勝手に買います。こども向けのエアガンなんだし気軽に買うよね、たぶん。

 それでは店としてどうするか。

 大切なのはこども向けの表示よりも強く、保護者の良心に訴える表現に力を入れること。

 お父さんお母さんが読むように“こどもには売りません”“買うときはいっしょに”と書いておけば「いいお店」をアピールできます。さらに親にとって一番大事な“お子さまの安全のために”“買ったあともいっしょに”と一言添えると効果絶大。

 「そんなの買っちゃダメ!」と言わせるのはよろしくない。こどもにとって宝物のようなものを否定してしまうので、こどもは自分を否定されたような気分になっちゃうんじゃないかなと思うんです。

 何事にも「危ないことはさせない」って親が多いけど、買ったあとの使い方や約束ごとを決めておいて、気をつけないからケガをするんだと学ばせるべきだとも思います。その点はジャングルジムやブランコ、刃物とか塗料を使うプラモデルも同じですよね。自分で痛みを知らない子供が人を傷つけてからでは遅すぎます。

 あと「勝手にインターネットで買い物するな」じゃなくて「買いたいものがあったら言いなさい」でいいと思うんですよ。で、ちゃんと約束を守るなら買ってあげたらいいんです。たまにいっしょに買ってやらないと、内緒で買い物する子になりそうだし。

 ああ、ウチのサイトに書きたいけど書けないホンネ。まあでも今回はなんだかいいこと言ってる気がしてきました。

 ではまた。
 
 
スポンサーサイト

現実感と過去と 

 土曜日、同窓会に行ってきました。高校卒業以来17年ぶりでございます。

 みんなお父さんお母さんやってました。ああ自分はいったい何やってんだか、と思いますわな。それぞれオッサンオバハンになってそれなりにええ35歳らしさを醸し出しておられました。

 こういうイベントごとがあると、そのあと現実に帰ってくるのがむずかしいもんで。こうしてブログを書いていることも何やらフワフワした感覚。いつもの街がぜんぜん違う街並みに見えてくるし、周囲の話し声まで虚構に思えてくる。

 とまあやや大げさではありますが、たった一晩なのに十数年を引き戻されて、タイムマシンに乗ってたような気分であります。きっと思い出話に花が咲くだろうと思ってたけど、みんな今の話をしてるもんだから余計に“過去のつながり”っぽさがない。「お前らばっかり地元の話で盛り上がりやがって」とか言いつつ、二日酔いするほど飲んでしまいました。

 いつもは平日に通る名神、土日はあんなに混雑するのねぇ。やだやだ。はじめて故郷が遠く感じた日でもあります。

 こうして今日もそれぞれ違うところで違う生活をスタートさせています。そういえばもうすぐ4月ですね。今年も新生活をはじめる若者たちが旅立つ季節。

 着地点が見いだせず、ややポエミィな終わり方になって恐縮です。まだ僕の脳がフワフワしてるせいだと思います。

お知恵を拝借したく... 

 前回も書きましたが、ただいま私の席の真後ろが事務所の出入口になっております。すなわち、そこを誰かが通るたび私のモニターが丸見えなのでございます。

 さらに、社長の席は左斜め後ろからこっちを見ております。

 嗚呼、サボれない...。

 ただいまYoutube動画のアップ中(かなり時間がかかる)につき、これといってやることないので困っています。こんな状況じゃなかったらココとかココに行ってマターリしたいんですけどね。

 こんな、悪い意味で‘ガラス張り’の席でも仕事をしてるふりをすることができる(サボれる)方法はありませんか?
 
 

PS3ブラウザはじめました 

 まーた久しぶりの更新。

 自宅ではあのノートが調子悪い~。家でネットできない~。診断しても悪いのは画面だけなんだけど。

 と、思っていたら、ウチにPS3あるじゃん!ブラウザあるじゃん!ネットできるじゃん!

 やってみた。

 つながった!ネットできるじゃん!やった!

 でも、快適インターネットとは程遠い。表示は遅いし、USBキーボードはつながったけど効かない操作があるしで、やたら戸惑うことばかり。

 いま職場ではほぼ最高スペックといっていいPCで仕事中。動画編集とかあるからそれはありがたいんだけど、ただ…

 席替えしたから画面が周りに丸見えなんだよね。

 …こうしてエントリーを書きながら、なんと仕事のフリをすることの難しいことよ。

 というわけでなかなか余興が楽しめない環境となってしまいました。「余興は自宅でネ!」と、世間一般的にいう“正常な”暮らしをするよう求められています。あー遊びたいのに。

 そんなこんなで会議室なかなかいけなくてゴメンナサイ。これからは自宅から参加することになりそうです。

 慣れないPS3でな。

人生の再起動、とのこと。 

 ちょっとしたショック。

 まずはこちらをお読みください。「住さん休載のお知らせ」

 住さん、好きでした。…って、なんか卒業式の告白みたいになりましたが、もちろんヘンな意味じゃないデス(当方男子なり)。


 淡々とした語り口。それでいてシュールな笑いを織り交ぜて、独特の読後感を与えてくれた住さん。

 腰を痛めて辛そうなのになお、それすらネタにして私たちのハートをキャッチしてくれた住さん。

 3年ぐらい前にmixiをやってたころ、住さんを見つけたときには5分もたたないうちに足あとを返してくれたこともありました。ちなみに真っ昼間です。きっと仕事中に...(略)


 闘魂詩を読み上げるアントニオ住さんを思い浮かべたのはきっとウェブマスターだけではないはず。ちなみにボクは、闘魂詩で涙が出そうになったのは生まれて初めてです。


 人生の「再起動」か…。住さんが言うとかっこいい。

 ボクもあと5年ほどで今の住さんの年齢になりますが、はたしてそのころまでに「再起動が必要」と言えるほど精一杯の人生を生きているかな?フリーズしまくって“しかたなく”再起動するようなことになっていないだろうか。そうならないよう頑張らねば。

 住さんの今後益々のご発展とご健勝を心よりお祈り申し上げます。


 以上、投函することのないファンレターでした。
 
 

ヒサビサノエントリー 

 しばらくぶりです。去年から書いてなかったので今更ながら「あけましておめでとうございました」。
 

 ここ数日PCがひどいことになっててんやわんやの日々をすごしておりました。モノ書きのリハビリをかねて久々のエントリーをあげることにします。

 職場のメーカー製PCが“ちょうど”1年、否“たった”1年と2日でぶっ飛んだのを機に、自宅のノートを持ち込んで作業してるわけですが、コイツも調子が悪い…。つまり、立て続けに私の周りでPCが壊れてしまったのであります。

 職場のはHDDの破損ということで、またもサルベージさせられ(泣!)たものの、あまりに早い故障ということでメーカー保証修理となりました。めでたしめでたし…か?


 で、問題は自前のノート。こっちは2年ぐらい前に買ったBTOに近い仕様のものです。それが急に画面が止まるとか、再起動したら画面が上下2分割になるとか、ポケモンショックみたいな点滅したりとか、色が再現されないとか、「深刻なエラー」メッセージがでるとか、キリがない重症の数々…。しかたなく再セットアップしても症状は治まらず。

 Google先生に何度もお願いして、これまでの問題点を尋ねまくってたどり着いたのが、グラフィックボード。ここが物理的に破損している可能性も否めないとのこと。もし部品を買い換えるとしたら、ノート用なんていくらするのやら。

 ところでグラボってすごい高温になるのね。SpeedFanなるフリーソフトで見てみたら100℃近くなっててびっくりした。あの「ファァァァァン」って唸ってたファン(←ダジャレなんだからね!)は、ほぼこのグラボを冷やすためにあったのを知りましたです。

 ノートパソコン用クーラーを買って風を当ててもみたんだけど、効果はイマイチ。そこで裏のフタをあけてみた。

 こりゃ構造がマズいな、と直感。なにしろファンの吹き出し口はあっても、どこから吸気してるかわからない構造になってる!そりゃ空気が流れないわけだ。ファンも唸るってわけだ。

 こうなりゃ物理的解決方法をとるしかない。
穴あけた
▲穴あけた。

 どうせ保証もないのなら、とウラのフタに通気口をあけてやった。すると今のところ快調。

 くわしくは知らないけど、きっとハイスペックなCPUだのGPUだのを盛り込んでくれたノートだと思うんだ。そういえば買うときに「3Dゲームも余裕!」みたいなこと書いてた気がする。たしかに3Dゲームもいくつかやったことがある。そのせいで熱暴走が起こったのかもしれないなー。…っていうか、通気ぐらいはしっかり考えてほしかったな、メーカーさん。

 さんざん言われてたことだけど、やっぱりノートで高負荷作業はマズいと知った。これから経験者として語ることができるようになりました。めでたしめでたし…か?

 とりあえずまだこのノートは生き長らえますぜ。なにしろ今じゃ貴重な“信頼のXP”ですから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。