スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボツコピー 

キミの歯に着せたい衣(きぬ)がある。

似合うといいな。


 …はて、何に使えるのか自分でもわからない。
 よってボツ。
 
 
スポンサーサイト

さあどうしよう… 

 忙しいはずなのに、なにもやってない。八方塞(はっぽうふさがり)感が充満した日々を過ごしている。悶々。

 このままじゃだめだ。ではどうしよう?何から手をつければいいのか、全く分からない。過去に何度もこういうことはあったけど、それなりに決着がついた。どーせ今回もいずれはかたがつくはず。時間が解決してくれるはずだ。はず、だけど焦ってしまうのも事実。

 そして焦れば焦るほど遅々として進まないさまが目について余計に焦る。さあどうしよう…。

 こういうときこそ、目を外に向けなくちゃいけない。課題から目をそらさなきゃいけない。一度リセットして新しい視点から解決策が見つかるはずなんだ。

 そうとは知りながら、遅々としている現実が忘れられるはずもなく。さあどうしよう…。
 
 

ヒトとスズメバチとウルトラなんとか 

 言わずと知れた危険な奴ら、スズメバチ

 幸い自分はいまだに刺されたことはないんですが、体験談を聞くと凄まじい痛みだそうで、この季節はとくに注意しています。

 スズメバチからすれば生活防衛のための攻撃なんでしょうけど、やり過ぎな気がしないでもないです。

 いわばハチ目線でいえば、われらヒトは宇宙から来た巨大生命体なわけで、戦闘機やなんかで果敢に立ち向かうウルトラなんとか隊が巨大生命体を退治しようと試みているようなものでしょうか。

 幸い、ハチの中からは“3分間だけ銀色の人間大に変身するメッチャ強いヤツ”が登場しませんが、それはきっと、いまのところウルトラなんとか隊だけで退治できるほど強いからでしょう。

 そう考えると、特撮のウルなんとかマンに出てくる怪獣たちがかわいそうになってきました。彼らだってたまたま地球を覗いてみただけかもしれないし、最終的にはヒトじゃなくて“3分間だけ銀色の人間大に変身するメッチャ強いヤツ”と戦わされるハメになっちゃうんですから。哀れです。。。

 

休日1000円で停め放題! 

 また久しぶりに更新。

 高速道路が安いのはダメだと思うなあ。休日にわざわざ1000円で路上監禁されに行くようなものだと思うよ。

 ま、ボクはこの連休、ずっと仕事してるんですけどね。。。以下、妬みも込めてボクの主張。

 高速道路は高速で流れているべきだと思います。ボクが仕事で使っている運送会社が嘆きます。翌日配達が難しいかも、と。事実、集荷が早めに切り上げられることもあります。

「あの観光地に1000円だけで行けるなら、通販の荷物なんてちょっと遅れてもかまわないわ」

って人だけじゃないんです!

 子供への誕生日プレゼントが遅れてしまったお客さん、ごめんなさい。きっと贈られた子供よりも悲しかっただろうなぁ。


 景気対策とは言いますが、お金の流れはどこにどうなっているんでしょうね。観光地が潤っていい、とのことですけど、利用者目線で見ると高速料金が削れた分を観光地に回す…ってことは、高速道路各社がもらうべきお金を観光地に払っているだけじゃないでしょうか。路盤の維持費は?社員のフトコロは?建設費の返済は?


 百歩譲って「薄利多売」で高速も維持できる、としましょう。台数が増えた分ガソリン税から補てんできる、としましょう。たくさんの人が車を出すからガソリンがいっぱい売れるぜ!いっぱい燃やせー!…

 …なにがエコカーじゃい!


 高速道路無料化なんてしてはいけないと思います。だって民営化したんでしょ?国が一企業の商品の料金を勝手に決めるなんておかしいとおもいませんか?

 高速道路各社も会社として利益を上げるべきで、税金をあてにしちゃいけないと思います(もしやこれが、天下り気質なのかな?)。

 車乗りとして、納得できる価格なら高速道路は有料でかまいません。お金を費やしたくないなら、時間を費やして一般道を使います。すでに民営化された高速道路各社の企業努力に対価を支払います。


 高速道路無料化、断固反対。
 政治家が一企業の商品価格を決めるな。
 つーか各社。天下り企業じゃないなら政治家に料金を決めさせるな。
 
 

今日も近況報告 

 なんだかほんとに更新が滞ってますが。

 阪神ヤクルトに2.5ゲーム差。すごい追い上げ。こりゃ面白くなってきた。

 新しい車、いい。
 新車の匂いに毎日ウキウキしてます。今度の休みはどこへ行こうかと画策中。

 その車にはiPodを接続、シャッフルモードにして流してます。

 シャッフルで流して気づく。我ながらレパートリーの振れ幅がひどい。

 Superfly~キダ・タロー~平井堅~南こうせつ~ペプシマン…

 そのせいか、仕事中ふと口ずさむ歌がたまにキダ・タローだったり。


 仕事ではまた再び萎える作業に突入中。

 常套句として、難題にぶつかったときには「壁にぶち当たる」とか言うけれど、この場合はちょっと違う気がする。頑張れば乗り越えられるような「壁」ではないのだ。

 またくり返されることになる膨大な作業。何日もかかってチクチクと進めなきゃならない作業。こんな場合はどう表現するのが正しいのかな。

ふと顔をあげると、目の前に広大な砂漠があらわれた!

 …こんな気分です。ゴールなんて見えません。

 このところ時々、創作意欲とか湧いてくることがあるけど、せめてメモをとるぐらいのことをしなくちゃいけないと反省。だって、何がしたかったのか忘れてしまうんですもの。
 
 
 では、また。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。