スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あとで観る「ジャニス・ジョプリン」 

ふと思いついて検索したら出てきた動画。
職場では音を出して聴けないからここに貼っておいて、
あとでゆっくり観ることにする。

スポンサーサイト

フォントにこれでいいのか? 

 いきなりのダジャレごめん。
 ヒドい文字つぶれ発見。2NNよりキャプチャしたものだが…

2NNキャプチャ

 …これはマズイだろう。
 旧字体で「読売(讀賣)新聞」と書いていた記事。

 フォントは「メイリオ」、サイズは13px前後だと思うがヒドい。
 つぶれすぎ。前後の文脈から推理するしかないほど読めない。

 気になったのでどれぐらいのサイズからちゃんと漢字として表示されるか、表を作ってみた。
 XP以前の標準フォント「MS Pゴシック」って、さすがによくできたフォントだったんだ。
フォントサイズ比較

 こうしてみると、どちらのフォントも21pxからまともに表示されるようだ。ただし、それでもまだデフォルメがある(MS Pゴシック「讀」の「四」の下がくっついている)部分については、読みやすく考えられたフォントデザインの一環として目をつぶるしかない。

 正しい漢字がどうとか、日本語がおかしいとかいうなら、これからは標準表示サイズを21px(このサイズ!)以上推奨にすべきですよ、新聞社さん。

 あ、太字も使いたいなら24px(このサイズ!!)以上がいいですね。
 紙媒体もどんどん字が大きくなっているんだから、これぐらいの字で記事本文を書いてみたらいかがでしょうか。
 読みやすいかとか、説得力があるかどうかは、別として。
 かくいうこのブログも「正しい日本語」に言及することがあるから、他人事ではないようです。



忙しい。でも楽しみなこともあるぜ。 

おっと、忙しさにかまけてた。

いや、着手を躊躇してたから、
そんなに忙しかったわけじゃないか。

ただいまサイト移転作業中。
サイト移転なんて簡単に言うもんじゃない。

移転作業には段取りがあって
まず、これまで蓄積された写真を用意している。
現状のサイト内データをまとめて移転先に渡すのだが
サイト内にはひとつの商品ページに数点の画像を使っていて、
それがサーバ側で自動リサイズして数点に分けて保存されている。

すでに商品点数が数千品目だから…ん?
数はここに書かないけど、ほら画像だけでゾッとする量。

しかも今回は、それが一括でダウンロードできないことが判明。
サーバ曰く「仕様です」とのこと。

............orz............

なんとか策を講じてみたけど、面倒なのは同じ。
商品リストから全画像のURLリストを作って、
(例外はもちろん全部手作業コピペさ)
Irvineに取りこんでDLして、各サイズにリサイズして…。

地味に大変な作業に追われている。ううぅ。
着手したくない気持ちもおわかりいただけたでしょうか。


よし、話を変える。

最近もっぱら家ではやきう(ゲーム)。
そしてこの夏、楽しみなことがある。
プロスピ新作登場!
おおーWBCモードやってみてぇー!
画質すげー!

でもPS3持ってない。
このためにハードも買わなければ、と思わされてるところ。
だって、PS2版のプロスピ5は4:3なんだもの。
 
 
更新頻度は下がるけど、これからもたまによろしくです。
 
 

10秒ミステリー「追ってご報告します」 



 「追ってご報告します」

 ある女性からこんな短いメールが届いた。

 それ以来、私はストーカーに悩まされている。


 きっと犯人は彼女にちがいない。

            (完)





ちょっ、報告なんだから聞いてやれよ!

ある雑誌で読んだ「新車」のこと 

「新車をご購入のお客様にとって
その車はいつまでも新車のままなんです」


とあるディーラーの言葉として雑誌に載っていた言葉だ。

ハッとした。心当たりがありまくる。
たしかにいつまでも新車だと思っていた私の愛車は
約4年6万キロ乗っている。すでに「低年式中古車」だ。
だけど気分は新車のままである。

その雑誌の記事には続きがあった。

「…だから困ったもので。」

と。

営業マン曰く、
「新車で買ったのに調子悪い!」
というクレームがよくあるというのだ。
それも、買った2年後とかに、平然と。

「あなたにとっては新車のつもりでしょうけど、
2年も乗ったら中古と同じ。当然ガタもきますってば。」
…とは口が裂けても言えるわけないし。
こりゃたしかに困る。


車と同じく「耐久消費財」として、家もそうだと思う。
このたび私が移り住んだ建物は'93年築だ。
それを父に話した時、父は言った。

「築16年か、だいぶ古いなぁ」と。

待てよ、父が新築で建てた家のほうが2年ほど古いぞ。
父はそれを知ってて言ったのかどうかはわからない。
その場で聞き返してみればよかったが、
少なくとも我が家については「だいぶ古い」とは言わないと思う。


そうだ、長く付き合うものって、
現状ではなく最初のイメージに付き合っているんだ、と思った。
人も同じく。
第一印象が大切というのは、そうか、このことだったのか。

 
 

やっつけたぜ!(キリッ 

(※壮大なグチになります)



「これとこれ、と、あと、これ。明日までによろしく」
といわれたのがついさっき。22:30ごろ。

この週末に店内プロモーション…を
やろうかな、と聞いたのはおとといのこと。
パネル、POP、流す映像のことなど
作りものを思いついたように指示されたのが、ついさっき。


ふ ざ け る な !

ワンマンにもほどがある。


えいっ、もうやっつけましたよ。
完全に‘やっつけ仕事’ですとも。

こんなテンションでいいものできるはずがない。


はいはい、やっつけやっつけ。


明日もし「やっつけ仕事やなぁ」とか文句のひとつも言われたら

そのときはそのとき…







「辞めます」って言えるかも。
 
 

はしっこドランカー 

ノートPCがついに無線LANになったぜ!
どの部屋でも配線なしでネットできるなんて便利だ。
昨日なんてこんな感じで…

はしっこでネット
はしっこで飲んだ。


…いやあのね、ゆうべ帰ってきたらね、
タバコの匂いが部屋にこもってたのでね、
換気扇の下でネットしようかなーって
セッティングしたのね。
なんだかさみしいね、この写真。

住まいは広くなったのに
いまのところ、はしっこで事足りてます。
 
 

一人ひとりは「1未満」だ 

「1たす1は3にも4にもなる」

これ、よく仕事の人間関係で出てくるコトバだ。

たしかに、いい人間関係を築いて
一人より二人で
それ以上のことができるなんて言うし
これまでもそう思うことはたしかにあった。

でも、待てよ。

人間誰しも得意・不得意がある。
数式風に書くと、

(一人)=(得意)-(不得意)

なのではないか。

「得意分野」を極めた人も
「不得意分野」が必ずあって
それを常に克服しようとか、隠そうとか
忘れようとか気づかないふりとかしている。

ということはやっぱり「一人」っていうのは
どうがんばっても「1未満」じゃないか。


あ、これじゃ冒頭の「1たす1は…」の前提が崩れる。
じゃあ、先人の言葉はまちがいなのか?
でも人と人の「化学反応」みたいなものって
やっぱりあるけどなぁ。

たとえば、こう考えてみる。

得意「8」:不得意「2」の人がいたとする。
いわば一人前ならぬ「0.8人前」だ。
あと「0.2」を補える人がいれば
はじめて「1」の仕事になる。

そして、その「0.2」を補ってくれた相手の
不得意を補って「1」にすることができれば

自分「1」+相手「1」=「2」

の仕事ができるということになる。
元々は

「1未満」+「1未満」=「?」

だった者どうしなのに…
アラ不思議な公式!
でもこれが、あの「化学反応」ではなかろうか。


一人ひとりは「1未満」だ。
どうあがいても「1」になることはできない。
むしろ「1」になろうとか、
「自分は『1』だ」とか思うな。
できないことはできないと認めて
素直に補ってもらうことができれば、うんとラクだから。

そうして補ってくれる人をみつけたとき、
はじめて人は「一人前」になるんだと思う。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。