スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

転居で気づいた7つの教訓と「とりあえず」 

2日間かけてまるまる引越し作業をしていたせいで、一日明けても右手がパキンパキンに痛いです。

今回、自分の意思で引越すのは生まれて初めて。段取りからしっかり気合を入れて準備していたわけですが…。

ここからは覚書き。次回の引越の参考に、今回の教訓をメモします。

単身でも絶対に引っ越し業者を使うべし!

引越しの1週間前から荷造りをはじめて、予想以上の物量に萎えてしまった。
そして引越しの日。
「ぼく独り者ですけど、荷物って案外あるもんですね」と話すと、業者曰く「いや、これ少ないほうですよ(笑)」とのこと。
ということは、他の人たちはもっと萎えているということか?
重い荷物はもちろんだが、梱包できないまま置いてた家電やPCは搬出前に毛布でくるんで運んでくれる。なにより安心だし、大型家電も運ばなきゃならないことを考えると業者に頼んで本当によかった。

引越前の1週間は「出張気分」で生活すべし!

極端に言うと「冷蔵庫を使わない生活をする」ということである。
冷蔵庫は搬出の半日前に電源を落とさなければならないし、生モノはできるだけ残したくない。
そこで、住み慣れた部屋だけどあえて「出張気分」で生活することにした。引越前の一週間、さながら出張先のホテルに持ち込むように、その晩に食べきれる分だけ買い物して家で呑む。
これでひもじい思いにもならずに冷蔵庫が片付いた。

荷づくりは「品目別」より「使用頻度別」にすべし!(反省)

これ鉄則。気づいた時には遅かった。
「衣料品」「ワレモノ」「台所」「寝室」などと品目別や用途別にするよりも、「捨てる」「使わない」「すぐ使う」と分けるべきだった。
たとえば「ワレモノ」の箱。食器などをちまちまと包むのは面倒だし、箱の中がなかなか一杯にならないので詰め物が必要になったのだ。
そのためにも、衣料品はまとめずに分散させるといい。とくにかさばる冬モノは他の荷物の詰め物として使えるからだ(と気づいたのは、冬モノをまとめて箱詰めした後だった)。

しかも使用頻度で分類しなかったものだから、転居先で開ける箱の順序がバラバラだった。
たとえば「ワレモノ」はまとめて箱に詰めたが、同じワレモノでも「使わないもの」と「すぐ使うもの」が混ざっていたので「使わないもの」まで箱から出すはめになって面倒だった。
「すぐ使う食器」「すぐ使う衣服」「すぐ使う雑貨」などを「すぐ使うもの」の箱にまとめると、いま不要なものまで箱から出す手間は省けたはずだ。

最後まで使ったものは手荷物にすべし!(反省)

最後の最後に残ったものを箱に入れて荷造り完成!
…と思ったらおおまちがい。
最後まで使っていたカッターとか必要書類まで箱に入れていたのだ。当然、転居先でも手元にあるべきものなのに。
引っ越し当日まで箱詰めしなかったものは、面倒でも手荷物で持っていくべきだ。

カーテンと冷蔵庫の中身は同梱すべし!

転居先は日が暮れると部屋の中が丸見えになってしまう。だからカーテンは最初に付けたい。
冷蔵庫の中身にはマヨネーズとかわさびとか、要冷蔵品が残っている。
もちろんどちらも転居当日、最初に開けたいものだ。
そこで、カーテンで冷たいものを包んでひとつにまとめて箱詰めした。カーテンの断熱効果を期待できるし、これはわれながらいい方法だと思う。

片付けは奥から、開梱は手前から行うべし!

これは単身者に限ることかもしれないけれど。
引越しの片づけをしていると押し入れ(=奥)から懐かしいものが続々と出てきた。つまり、懐かしいと思えるぐらい「使っていなかったもの」である。
使うものはいつも手の届くところに出ているわけだから、使わないものが奥に眠るのは当然だ。というわけで奥から片付ければ必然的に使わないものが先にまとまるというわけである。

逆に、転居先ではまず玄関(=手前)から配置する。
引っ越して、とりあえずの生活は玄関からだと思う。運び込んだ荷物は箱のまま奥に積んでおき、玄関、トイレ、キッチン、バスルーム…と、まずはとりあえず生活を始められるように「すぐ使うもの」を手前から順に配置していくべきだ。

搬入は一日で。引越しは長い目で(反省)

とりあえずの生活ができるようになったら、あとはよりよい生活ができるように模様替え気分で少しずつ整えるべし。
一気に家具をそろえたり、それを一日で組み立てようとすると、握力を失うほどのダメージが残ることになる。(←今ココ)

教訓まとめ:引越には「とりあえず」が肝心。(反省)

「とりあえず」引越前はわが家ではない気分で過ごし、「とりあえず」使わないものを片付けて、「とりあえず」引越し当日は搬入に全力を注いで、「とりあえず」生活できるようにして、あとはダラダラと模様替えするつもりで新生活を始める。それまで含めて引越だ、と思った。


教訓として「とりあえず」とはいかがなものか、とは思いますが…。
初めての引越で気合を入れすぎて、はじめのうちは上手くいってたつもりですが、新居での「とりあえず」までは思い及ばず、奮闘しすぎて大ダメージをくらっています。
今の右手の痛みがおさまったら、ちょっとペースダウンしてのんびりと引越し作業を続けていきます。
以上、反省文でした。

 
 
スポンサーサイト

【便利そう】画像サイズ一括変換フリーソフト 

ググったら真っ先に出てきたソフト。
便利だから貼っておく。
画像サイズ一括変換
※フリー版は広告ソフト仕様。対応は付属のTXTを熟読のこと。

とりあえず大量にある画像のサイズを統一したいときに便利そうだ。
いろんな解像度のカメラを使っていたりとか、ルールを決めずにトリミングした画像を大量に持っていて、ギャラリー用にリサイズしたい人(いまの私だ!)向けソフト。

試しに使ってみて、手放せなくなったらシェア版に切り替えるつもりです。

声フォント 

 前回書いたことが、自分的にはやや消化不良。
記事中のリンク先を読まないと言いたいことが伝わらないかもしれない。なんだ?リンク先のほうが大事な記事って・・・。意味ねぇー。

 今日はCM音楽の代表、サウンドロゴの話。数秒で商品名やイメージを印象付ける大事な音楽。今でも作られているはずだけど、昭和のサウンドロゴ職人にはかなわないのかもしれない。
 まずなにより、ロゴマークに必須の「書体」となる「声」の存在感が、最近のはどうも薄いような気がする。バブル以前の広告を見慣れた人間だから、「おなじみの~」と冠された声でないと落ち着かないだけか?

 たとえば最近復刻された「♪サッポロ一番カップスター」の声の主はのこいのこさん。ほかにもいっぱい録音されてるから耳なじみの人も多いはず。『パタパタママ』でも有名で、笑う歌声がステキ。
 「♪布亀の救急箱」「♪カルビーの~ポテトチップス」の藤本房子さん。元祖カマトトヴォイスと呼ばれる貴重な存在。ワタシ個人的にも萌える声デス。
 スリーグレイセス、ボニージャックス、ダークダックスのコーラスも欠かせない。耳なじみを並べ立てたら枚挙に暇がございませぬ。

 そんな“声の職人”もそのうち聞かれなくなるかもしれないと思うとさびしいもので。写植がデジタルフォントに変わったように、写真フィルムがデジカメに変わったように、何でもかんでもデジタルだ。デジタル歌手(ボーカロイド)だってこの先もっと高性能になるだろう。
 そうなるなら、ぜひともおなじみ昭和の声も再現して「フォント化」してほしいものである。
 って何言ってんだろう自分。まったく、とんでもない時代になったもんだ・・・。
 

セカチュー 

「世界の中心で愛を呼ぶ」


・・・上記誤字あり。すぐわかった?

気になってググッたらしっかり指摘された
つーかすでに書いてた人がいて、ちょっと悔しい。

芥川龍之介を読んでの感想文 



すごい。




400字詰め原稿用紙の真ん中に、どーんとこう書いていたら
学校の先生はどう思うんだろう。

芥川龍之介。
私、文学少年ではなかったもんだから
恥ずかしながらこの歳になって初めて本気で読んだ。
青空文庫さまで読めます)

名作「蜘蛛の糸」、「杜子春」を続けて読んだ。
どちらも15分ほどで読みきれるほどの短い物語なのに、壮大なスペクタクル。

読者の想像力を刺激する―の意味をあらためて実感した。
とにかくすごいや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。